救急救命医の収入

救急救命医の収入

救急救命医の収入から見る特徴

救命救急科に興味を持ったとしても、転職・転科までには相当悩み、決断するには時間を要するはず。
医師転職は総じてそのような傾向がありますが、救命救急という重要な役割を担い激務と言われている分野に飛び込むには、より大きな決意を必要とするでしょう。
医師転職の際は様々なポイントを比較しますが、その決断や決意を左右する一つに、収入面があるのではないでしょうか。

救急救命医の収入ですが、賞与や手当なども含めると平均年収は1,400万円から1,500万円ほどとなりそうです。
この額は他科と比較すると高めであり、実際に医師転職サイトなどに掲載される求人も、同等の額で募集をかけている傾向が見られます。
平均年収は述べた通りですが、しかし、求人には2,000万円を超える給与額を掲げる医療機関も少なくありません。
当然、経験や経歴によって大きく左右されはしますが、やはり他科と比較すると条件面では優遇されていると言えるでしょう

ちなみに、例えば産婦人科医の年収は関東が最も高いというデータがありますが、救急救命医に関しては、北海道中部地方が高めとなっており、ここにこの分野の特徴が垣間見ることができます。
地方における救命救急の重要性がわかるのではないでしょうか。

救急救命医の年収額などからわかること

救急救命医の収入は他科と比較すると高いことはお伝えした通りですが、どうしてこれほどの平均年収を得られるかといえば、やはり救命救急医の現場は過酷であり、精神的にも疲労が蓄積しやすい職種だからと言えるでしょう。
年収が高くなる傾向のある医療分野は、人手が不足しているか、あるいは現場が過酷であるケースが大半です。
救急救命医に関してはこの双方の特徴を持っていることは想像に難くないのではないでしょうか。

また、救急救命医は比較的年齢が若い傾向も見られます。
これも、厳しい現場で肉体と精神を擦り減らしながら業務を遂行していかなければならないため。
年齢を重ね救急救命医として働くことが難しくなれば、転職や転科を考えざるを得なくなるのでしょう。
裏を返せば、若い医師が多いにもかかわらず、これだけ平均年収が高いということでもあります。
大変であることは否定しませんが、だからこそ多くの収入を得ることが可能となり、救急救命医を続けることで、勤務医であっても若くして2,000万円を超える年収を獲得することも難しくはないのです。

非常勤の場合は、他科と同等か少し高い給与額に設定されていることが多く、やはり優遇されていることがわかります。
ただ、この分野はチームワークと連携が重要なため、医師転職を志すのであればまずは常勤を視野に入れつつ求人を探す方が、より有意義なのかもしれません。

  • 1